『鏡の国』邦訳書誌

薄字の部分については現物未確認で、二次情報による記載です。  



 
長谷川天溪(天溪居士)訳 〈鏡世界 (西洋お伽噺)、《少年世界》 博文館、1899(明32).4.15.(五巻九号)〜12.15.(二六号)
→《少年世界》復刻、名著普及会、1990〜91.
→川戸道昭、榊原貴教 編 〈明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》〉 11 『サッカレー/キャロル集』大空社、1999.
→『The Rabbit Hole』−「オンライン復刻『鏡世界』」

 
L・キャロル 「Through the Looking-Glass」、《英語世界》1901(明治34).6.21.増刊


 
楠山(くすやま)正雄

ルイス・カロル 『不思議の國』 家庭讀物刊行會(精華書院)〈世界少年文學名作集〉第9巻、1920(大9).3.

→千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』エディション・シナプス、2009.2.

『アリスの夢 不思議の國 鏡のうら 平凡社〈世界家庭文學全集〉7、1930.11. → リュイス・カロル、棟方志功『鏡の國 アリス物語 〈春陽堂少年文庫〉85、1933.1.

→ リュイス・キァラル 『ふしぎの国のアリス』 小峰書店、1948.5.1.

→ リュイス キャラル 『かがみの国のアリス』 小峰書店〈青空文庫〉、1948.12.
 
西條八十

岡本歸一画、〈鏡國めぐり〉、《金の船》キンノツノ社 、1921(大10).1.(三巻一号)〜12.(一二号)
 →《金の船》復刻版、ほるぷ出版、1983.
→『鏡國めぐり外三篇』稻門堂書店〈西條八十童話集〉第一篇、1922.6.

→『不思議の國』二葉書店〈少年少女讀物〉1、1946.1.
 →〈西條八十全集〉第十一巻『童話』(国書刊行会、1997.)に「鏡國めぐり」



 
甫木山 茂「鏡の國のアリス」、世界童話大系刊行會 〈世界童話大系〉22『童話劇集(4)』 所収、1928.4.
→復刻版、名著普及会、1989.
→近代社 『世界童話劇集 下巻』、1930.3.
 
小林智賀平釈注 『姿見の国(Through The Looking-Glass)』 弘道館〈弘道館英文訳註新書〉、1952.
→小林智賀平 訳 『姿見の国』 開文社〈英米文学訳註叢書〉、1959.

 
岡田忠軒(ただたか)訳、テニエル画 『鏡の国のアリス』角川書店〈角川文庫〉CLキ-1-2、1959.10.

 
二反長(にたんおさ)(なかば)編、若菜珪画 『かがみの国のアリス』小学館〈幼年世界名作文学全集〉18、1964.1.→〈カラー版幼年世界文学〉17、1969.11.

 
間所ひさこ文、岸田はるみ画 「かがみの くにの アリス 魔法とふしぎの童話集」、《たのしい幼稚園》講談社、1969.12.(25巻11号)
 
生野幸吉(しょうのこうきち)訳、テニエル画 『鏡の国のアリス』福音館書店〈福音館古典童話シリーズ〉9、1972.4.
→〈福音館文庫〉C-19、2005.10.
 
多田幸蔵訳 『鏡の国のアリス』〈旺文社文庫〉、1975.11.

 
原 (しょう)訳、瀬間高角(たかすみ)画 『ふしぎの国のアリス』国土社版〈世界の名作〉4、1977.7. (→新装版、1990.9.)
飯野和好装画、国土社〈世界名作文学集〉、2004.2.  
高橋康也訳 「かつらをかぶったアブ」、《展望》1977.12.号
→高橋康也・沢崎順之助 訳『ルイス・キャロル詩集 ―不思議の国の言葉たち―』筑摩書房、1977.12.  
柳瀬尚紀訳 『かつらをかぶった雀蜂』れんが書房新社、1978.12.


 
芹生(せりう)(はじめ)訳、テニエル画 『鏡の国のアリス』偕成社〈偕成社文庫〉2065、1980.11.

 
高山宏

マーチン・ガードナー注 『鏡の国のアリス』東京図書、1980.10. マーティン・ガードナー注、ピーター・ニューエル画 『新注 鏡の国のアリス』東京図書、1994.9. 佐々木マキ画 『鏡の国のアリス』亜紀書房、2017.12. 建石修志(しゅうじ)画 『新訳 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス』青土社、2019.4. マーティン・ガードナー注、マーク・バースタイン補訂 『詳注アリス 完全決定版』亜紀書房、2019.12.
 
石川澄子

『鏡の国のアリス  ルイス・キャロル 人と作品』八紘社印刷出版局、1982.11. →『カラー版 鏡の国のアリス』東京図書、1989.5.
 
高杉一郎、テニエル画 『鏡の国のアリス』〈少年少女講談社文庫〉、1983.9.
→〈講談社文庫〉、1988.8.
→〈講談社青い鳥文庫〉、1994.4. →山本容子画、新装版、2010.4.
 
山崎 直美 『鏡の国のアリスの算数パズル ―ルイス・キャロル作『鏡の国のアリス』をもとにして―』 さ・え・ら書房、1985.9.


 
柳瀬尚紀訳、佐藤泰生画 『鏡の国のアリス』筑摩書房〈ちくま文庫〉き3-3、1988.1.

 
北村太郎訳、テニエル画 『鏡の国のアリス』王国社、1990.2.→〈海外ライブラリー〉、1997.12.

 
矢川澄子

ドゥシャン・カーライ画『鏡の国のアリス』新潮社、1991.1.

金子國義画、〈新潮文庫〉キ-7-2、1994.10.
 
吉田映子(あきこ)訳詩、内藤里永子(りえこ)編 『笑いのコーラス ―イギリス滑稽詩画帖』トパーズプレス、1992.3.
 
中山知子訳、テニエル画 『鏡の国のアリス』岩崎書店〈フォア文庫〉C108、1992.5.

 
『THROUGH THE LOOKING-GLASS 鏡の国のアリス』講談社インターナショナル〈講談社英語文庫/Kodansha English Library〉91、1993.1.
 
平田昭吾文、高橋信也画 『かがみの国のアリス』ブティック社〈よい子とママのアニメ絵本 せかいめいさくシリーズ〉64、1993.3.
 
稲木昭子・沖田知子 『アリスの英語 2 ―鏡の国のことば学― 』研究社、1994.6.


 
宗方あゆむ訳、マルカム・アシュマン画 『鏡の国のアリス』金の星社、1995.4.

 
金原瑞人訳 「『鏡の国のアリス』の世界へ」、《MOE》白泉社、1997.5.(19巻2号)

 
脇明子

テニエル画『愛蔵版 鏡の国のアリス』岩波書店、1998.11.
→『鏡の国のアリス』〈岩波少年文庫〉048、2000.11.

 
山形浩生

 HTML版、テニエル画 「鏡の国のアリス」 http://www.genpaku.org/alice02/alice02j.html、2000.8. スソ アキコ画 『鏡の国のアリス』朝日出版社、2005.3. → 『鏡の国のアリス』CD、でじじ(digigi)(パンローリング(PanRolling)発売)、2017.6.
 
工藤和代著『Making Book of Through the Looking Glass 鏡の国のアリス』日本ヴォーグ社〈Heart Warming Life Series〉、2003.12.
 
河野騎一郎監訳 「新訳 鏡の国のアリス」バベル、2004.  
安井泉訳、テニエル画 『鏡の国のアリス』新書館、2005.12.  
久美里美訳、ヤン・シュヴァンクマイエル画 『鏡の国のアリス』エスクァイア マガジン ジャパン、2006.12.
→国書刊行会、2011.2.

 
河合祥一郎

テニエル画 『鏡の国のアリス』〈角川文庫〉、2010.2.
okama画 『新訳 かがみの国のアリス』アスキー・メディアワークス(発売元 角川グループパブリッシング)〈角川つばさ文庫〉Eき1-2、2010.8.
 →okama画 『100年後も読まれる名作 かがみの国のアリス』KADOKAWA(プロデュース アスキー・メディアワークス)、2016.7.
 
佐野真奈美訳、24画 『鏡の国のアリス 新訳』ポプラ社〈ポプラポケット文庫〉402-3、2015.9.
 
杉田七重訳、ロバート・イングペン〔Robert Ingpen〕画 『鏡の国のアリス』西村書店、2015.12.
 
八木沢 敬 『『不思議の国のアリス』の分析哲学』講談社、2016.6.
 
萬里(まり)アンナ文、菟芽子(うはぎ)うの画 『かがみの国のアリス』KADOKAWA、2016.6.
 
芦田川祐子訳 「鏡の国のアリス」、『ポケットマスターピース11 ルイス・キャロル』〈集英社文庫ヘリテージシリーズ〉、2016.8. 所収
 
十一(つなし はじめ)訳 「鏡の向こうのアリス」http://tsunashihajime.g2.xrea.com/k/kagami_contents.htm、2021.7.
 
佐藤直敏訳 『鏡の国のアリス ―アリスは大阪弁を話します―』 Kindle版、販売 Amazon Services International,Inc.、2021.10.
 
楠本君恵訳、ブライアン・パートリッジ〔Brian Partridge〕画 『鏡の国のアリス』論創社〈RONSO fantasy collection〉、2022.1.
 
小松原宏子訳、ミナリマ〔MinaLima〕画 『不思議の国のアリス&鏡の国のアリス〈ミナリマ・デザイン版〉』静山社、2022.8.

最終更新 2022年 8月15日


リストに戻る

Homeに戻る