『不思議の国』邦訳書誌(明治・大正・昭和戦前期)

海外イラストレイターからのリンク先は、英語サイトが多い(別窓で開きます)。  
薄字の部分については現物未確認で、二次情報による記載、  
および編者(大西小生)の備忘録のようなものです。  

 
永代(ながよ)静雄著〔翻案〕
須磨子〔永代の変名〕、川端龍子(りゅうし)(昇太郎)画、《少女の友》 實業之日本社、1908(明41).2.(創刊号)〜1909.3.(二巻四号) 〔一巻七号(1908.8.)より〈アリス物語〉の通題〕 →川戸道昭、榊原貴教 編 〈明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》〉 11 『サッカレー/キャロル集』(1999.)に創刊号 および連載第11回(「恐ろしき旅」一巻十一号、1908.12.)以外は復刻されている。 《少女の友》 創刊号は函館市中央図書館に所蔵あり(1993年のアリス展カタログに冒頭部の複写は載っている。拙著『「アリス物語」「黒姫物語」とその周辺』に単行本との異動等の解説あり)。 →永代静雄 『アリス物語』 紅葉堂書店、1912(大正元).12.
→千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス、2009.2.)に復刻。
 
長谷川康訳註〈不可思議國探險記〉、《英語之友》、1909(明42).10.〜12、1910.4、5、7. →〈明治翻訳文学全集《新聞雑誌編》〉11『サッカレー/キャロル集』(1999.)に復刻  
丸山薄夜(英観)『愛ちやんの夢物語』 内外出版協會、1910(明43).2.
→千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス、2009.2.)に復刻。
 
丹羽五郎編〔翻案〕、芳村椿花長編お伽噺 子供の夢』 籾山書店、1911(明44).4.
→千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス、2009.2.)に復刻。
→うさぎ山人 編、椿花山人 画 不思議な初夢 お正月お伽噺 洋服姿の白兎 彩文館スミヤ書店、1911.12.
 
大溝孤木(惟一)訳註、ルイス,カロル原著 『アリス夢物語/Lewis Carroll's Alice's Adventures in Wonderland』 日進堂〈初等語學文庫〉第二編、1911(明44).12.
 
『不思議國に於けるアリス外七編』 英語研究社〈ABC文庫〉第56編、1913(大2).
 
〔作者不明〕〈フシギナ クニ〉、《幼年の友》 實業之日本社、1917(大6).1.(九巻一号)、2.(同 三号)、3.(四号)
〔同4月号(五号)に「フシギナ杖」、5.(六号)「フシギ ナ  ネズミ」、6.(七号)「ナガイユメ」でシリーズが完結〕
 
「アリス物語」、《日本幼年》東京社、1918(大7).6〜8, 10, 11.(四巻六〜八, 十,十一号)
 
「アリス物語」、日本幼稚園協會 『幼兒に聞かせるお話』 内田老鶴圃、1920(大9).10.→“増訂改版”1924.4.(→1924.10.(4版))所収
加藤まさを画。 日本幼稚園協会主幹 倉橋惣三
 

 
楠山(くすやま)正雄

ルイス・カロル 『不思議の國』 家庭讀物刊行會(精華書院)〈世界少年文學名作集〉第9巻、1920(大9).3.

→千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス、2009.2.)に復刻。

『アリスの夢 不思議の國 鏡のうら 平凡社〈世界家庭文學全集〉7、1930.11. → リュイス・カロル 『不思議の國 アリス物語 〈春陽堂少年文庫〉84、1932.12. → リュイス・キァラル 『ふしぎの国のアリス』 小峰書店、1948.5.1.
→ リュイス キャラル 『ふしぎの国のアリス』 小峰書店〈青空文庫〉1、1948.5.15. →(ルイス・)キャロル 『ふしぎの國のアリス』 大日本雄弁会講談社〈世界名作童話全集〉9、1950.12.(→1957.7.) 『不思議の國のアリス』 創元社〈創元文庫〉B 75、1953.3.

 
鈴木三重吉〔訳〕 〈地中の世界〉、《赤い鳥》 赤い鳥社、1921(大10).8.(七巻二号)〜1922.3.(八巻三号)連載
鈴木淳、清水良雄(楠本君恵『翻訳の国の「アリス」』は連載一・二回を鈴木淳の絵とし、三回目以降は清水の弟子の代筆もあるか、と推測)

 
望月幸三訳、レイズ・カアロル原著 『アリスの不思議國めぐり』 紅玉堂書店、1923(大12).8.
チャールズ・ペアーズ〔Charles Pears〕、トマス・ハース・ロビンソン挿画
→千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス、2009.2.)に復刻。
〈国立国会図書館デジタルコレクション〉で全文参照できる。

 
青山三郎『アリスの不思議國めぐり』 文光堂書店、1927.11.

 
鷲尾(わしを)知治(ともぢ)編〔翻案〕、齋田(さいだ)(たかし)まりちやんの夢の國旅行 ふしぎなお庭』 イデア書院〈兒童圖書館叢書〔児童図書館叢書〕〉、1925(大14).1.
→千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス、2009.2.)に復刻。

 
益本 青小鳥(重雄)訳、リユイス・カロル 繪入全譯 お轉婆アリスの夢』 成運堂書店、1925.12.
表紙・口絵 M.W.タラント
→千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス、2009.2.)に復刻。
 
玉村羊子(美子)〔訳〕〈アリスの不思議國探險〉、《少女の友》 實業之日本社、1926(大15).1〜12.(一九巻一〜一二号)
 
大戸喜一郎編〔訳〕『不思議國めぐり』 金の星社〈世界少年少女名著大系〉22、1926(大15).5.(→1927.?)
表紙・扉絵 M.W.タラントT.H.ロビンソン挿画。画家の選択から、おそらく望月、益本訳を参照していることが解り、また“ルイス・カロル”“チヤールス・ルドウィヂ・ドッヂソン”といった表記から楠山正雄(1920.)を参照していることも知れる。
 →千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス、2009.2.)に復刻。


『不思議の國のアリス』 金の星社〈少年少女世界名作物語〉12、1934.5.
 
菊池寛・芥川龍之介共訳 『アリス物語』
興文社(文藝春秋社) 〈小學生全集〉28、1927(昭2).11.
表紙・見返し・扉・口絵・挿絵 平澤文吉。〔フルカラー口絵〕海野精光画。
 →千森幹子 編・解説 『不思議の国のアリス〜明治・大正・昭和初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス、2009.2.)に復刻。
 →喜一画 『アリス物語』真珠書院〈パール文庫〉、2014.6. 〔→ 「10年代リスト」
→〈小學生全集〉23、1930.

 
甫木山 茂「鏡の國のアリス」、世界童話大系刊行會 〈世界童話大系〉22『童話劇集(4)』 所収、1928.4.→名著普及会より復刻版あり(1989.) →近代社 『世界童話劇集 下巻』、1930.3.
 
長澤才助(さいすけ)訳註 『不思議國のアリス/ALICE IN WONDERLAND』 英文學社〈(初等)英文世界名著全集〉15、1928.9. 『不思議國のアリス/ALICE IN WONDERLAND』 英文學社〈(譯註)英文名作文庫〉4輯11巻、1929.8. 『不思議の國のアリス』 英文學社〈英文名作文庫〉、1930.6. → 『不思議の國のアリス』外国語研究社?〈英文訳註叢書〉12、1932.2.

→ 『不思議の國のアリス/ALICE'S ADVENTURES IN WONDERLAND』 外語研究社〈(中等)學生譯註叢書〉26、1934.4.
 
岩崎民平(たみへい)訳注

『Alice's Adventures in Wonderland/不思議國のアリス』 研究社出版〈研究社英文譯注叢書〉20、1929.4.(→1931.2.(2版)→1949.(5版)→1951.10.(10版))  →『Alice's Adventures in Wonderland/ふしぎ國のアリス』〈研究社新訳註叢書〉24、1952.12.(→1971.10.(19版))
 
→ルーイス・キャロル 『不思議の国のアリス』 角川書店〈角川文庫〉317、1952.3.(→1956.12.(7版))→1970.11.(改版→1973.8.(9版))
 

 
堀越櫻子訳 〈夢の國のアリス〉第2話「涙の池」、《ドーワザツシ夢の國》夢の國社、1937.5.号


高橋五山著、日向眞画 『アリス・モノガタリ フシギノクニ』 全甲社〈幼稚園紙芝居〉第九輯、1937.10.

最終更新 2022年 6月26日


戦後期(1946〜59.)リストへ
60年代リストへ
70年代リストへ
80年代リストへ
90年代リストへ
00年代リストへ
10年代リストへ
20年代リストへ
ディズニー絵本リストへ
『鏡の国』リストへ

Homeに戻る